自然と繋がり 星と繋がる《後編》


前編の続きです

。。。。。。。。。。


5日目の夜は、サンセットディナー


美しい夕日に見とれ、美味しいお料理に話も弾み、最後はルミナさんの歌も飛び出し♡

それにつられて、みんなもいろいろ歌いだしました。


楽しい夜の翌日は、ワークショップ最終日。


朝の身支度をしながら、みんなの歌につられたのか、

ふと、ひとりで『瑠璃色の地球』を歌っていました。


 『悩んだ日もある

  悲しみにくじけそうなときも

  あなたがそこにいたから

  生きてこられた』

   ・

   ・

   ・

「あなた」は人間じゃなくて「自然」だ!


木や花や海

鳥や犬や猫

そしてハエやハチ、蚊も

ずっとわたしと一緒にいてくれてたじゃない!


ハチが鶏肉を持っていったのも、もしかしたらわたしとシェアしたかったのかもしれない・・・


号泣でした。ギリシャでも(笑)

今も思い出して涙が浮かんできてます。^^


わたしが「蚊」は嫌い!「ハエ」は鬱陶しい!って区別していただけ。


いや、蚊は好きじゃないですよ〜。

ギリシャの蚊に刺されたあとは、痒みも痕もなかなか治りませんでしたし。^^


でも、みんなひとつ。

おなじいのち。


もう、『手のひらを太陽に』の世界です。


 『みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ』

歌いながら、泣きながら、

ワークショップ会場へと向かいました。


途中で「番犬」と見つめ合ったり、

畑仕事をしていたアルバニア人の方とお話ししたり、

地球上のすべてのものとの繋がりを、味わいながら。

それとね。

わたしは以前から『瑠璃色の地球』を歌うときに、必ず泣くポイントがあるんです。


  『ひとつしかない

   わたしたちの星を守りたい』


どうしてそこで涙がでるのか、

わかるようなわからないような・・・


そんなことも思いながら、その日の最初のワークは

ルミナさんのバルーンメソッド瞑想でした。


自分の内側のバルーン

それがどんどん大きくなって

銀河系の惑星と出会いながら

銀河の端っこまで拡がって・・・


ルミナさんの誘導に従って、惑星ひとつひとつと出会いをかさねていくうちに、

「惑星たち」もずっと、わたしと一緒にいてくれたことに気づきました。


ひとりじゃなかった

人生の旅を、わたしひとりで頑張ってきていたつもりだったけど、

惑星たちはずっと見守ってくれていたんだ


大号泣〜〜〜(T_T)

持っていたタオルは、涙と鼻水でグチャグチャ〜(笑)



去年もマルガさんとギリさんに、このリトリートに誘ってもらったのに

「ニュージーランドに行くから」と、参加しなかった。


今年もニュージーランドへ行くつもりだったけど、

今年はそのツアーがなくなった。


去年は参加者だったルミナさんが、

今年は主催者のひとりとなった。



  ギリシャに

  今年

  このメンバーで

  来ること



すべてが完璧でした。

わたしが意図したわけでもなく、誰かが考えて進めてくれたわけでもなく、

宇宙のはからいでした。


来年のこのリトリートは9月。


今年の、このしし座の季節に、太陽と神話の国ギリシャにいられたこと、

宇宙に感謝せずにはいられません。


ずっと会いたかった「360度100%のわたし」


すべてのものとの繋がりの中で、会うことができました。


日本に帰ってきて、また減少しちゃったけど(笑)

ここから自分の力で「360度100%のわたし」を目指します。


ありがとう ギリシャ

ありがとう みんな♡

ありがとう 宇宙☆

Ta leme!(またね〜♫)

。・。・。・。 Love & Thanks ☆ HIROKO 。・。・

まいにち Happy Birthday ♡

地球というステージで遊ぼう♫ なにが起こるか どこへ行くのか 人生は即興だー♪

0コメント

  • 1000 / 1000